ここから本文

ここから本文

サービス情報

JapanNet CryptoTime 時刻認証サービス

サービス概要

2005年4月に施行されたe-文書法により、紙文書による保存が義務付けられていた税務文書、医療文書等のいわゆる法定文書の電子保存、電子原本化が認められました。 また、2006年5月の新会社法、2006年6月の証券取引法改正により内部統制の強化が求められ、企業内情報の統制、企業行動に関する記録の徹底を要求されています。

これらを実現するために、あらゆる電子データ/文書の存在性や原本性を保証する時刻認証(タイムスタンプ)が必要です。JapanNet CryptoTime 時刻認証サービスは、時刻認証(タイムスタンプ)による電子データ/文書の原本性保証はもちろん、発生時刻の証明と存在の証明、さらには改ざん有無の証明など、第三者による真正性の検証を可能にするサービスです。

サービスの特長

  • RFC3161に準拠したタイムスタンプ発行サービス
  • 事業内容に応じて選べる「Aタイプ」と「Bタイプ」の2種類を用意
  • 料金体系は、A/Bタイプ、いずれも定額制
  • 24時間/365日のネットワーク監視による万全のサポート体制

サービスイメージ

サービスイメージ図

* 「SEIKO」はセイコーホールディングス株式会社の登録商標です。

* 「Cyber Time」はセイコーホールディングス株式会社の登録商標です。

サービス内容

Aタイプ ・・・ クライアント接続型

任意の拠点からインターネット経由でアクセスし、認証サーバで認証した後、タイムスタンプを取得する方式です。タイムスタンプをあまり数多く必要としない場合に適しています。認証方式はベーシック認証方式を採用しています。

Bタイプ ・・・ サーバ接続型

当社データセンタに設置のお客様のサーバを専用線で接続し、タイムスタンプを取得する方式です。タイムスタンプを比較的数多く使用する場合に適しています。

  Aタイプ Bタイプ
時刻精度 1sec 1sec
鍵長 2048bit 2048bit
有効期間 10〜11年 10〜11年
料金体系 定額制 定額制
回線 インターネット 専用線
認証方式 ベーシック認証
接続単位 クライアント毎 サーバ毎
その他 時刻運用履歴、タイムスタンプ情報、TP/TPSの開示 時刻運用履歴、タイムスタンプ情報、TP/TPSの開示
サービスに興味を持たれた方はこちらへ

ページトップへ